働き方

仕事の人間関係がうまくいかない人にオススメの話題の選び方

  • 仕事での人間関係がうまくいかない
  • 八方美人で人を褒めてばかりで心が疲れている
  • 人に好かれたい

 

こんなことでお悩みの方はいらっしゃいませんか?

記事の内容
  • 仕事の人間関係を良好にする原則を解説します。
  • 人に好かれるためのトークテーマを社会心理学的に紹介します。

 

この記事を読むと、人間関係を良好にする原理原則を理解して<人に好かれるトークテーマ>を知ることが出来ます。

これの実践により、<相手があなたに心を開いてくれる。>そんな状況を作り出すスキルを学ぶことが出来ます。

仕事の人間関係がうまくいかない人にオススメの話題の選び方

仕事の人間関係を良好にする方法として、<自己開示>という手法があります。

社会心理学者のゲイリー・ウッド氏の研究から<自己開示に適した話題>という便利なものが発表されました。

この<自己開示に適した話題>を使ってコミュニケーションを取ることによって<相手に心を開いてもらえる>ようになります。

お互いに心を開いてコミュニケーションを交わせば人間関係は良好になります。

具体的に解説します。

仕事の人間関係がうまくいかない。みんな悩んでいます。

全ての悩みは対人関係の悩みである。

と自己啓発の父と言われるアドラーは言いました。

アドラー心理学や嫌われる勇気は一度は耳にしたことがあると思います。

そうなんです!!

人は、対人関係に悩んでいるのです。

人類普遍のお悩みですよね。

出来れば人間関係は良好で悩みも少ない状態が望ましいですよね。

どうやって対処していますか?

  • 我慢してる?
  • 無理やり合わせている?
  • もう嫌になって離れちゃった?

みんな日々それぞれに工夫しながら頑張って生活をしていると思います。

本当にお疲れ様です!!

人間関係は、出来る限り良好である方がいいし。悩みごとも少ない方がいいですよね。

そんなみんなが悩む人間関係を良好にする方法として「信頼」互恵」があります。

仕事の人間関係がうまくいかない時は自分をさらけ出せてない?

対人関係を良好にするために必要なこととして

相手に【この人は絶対に自分を裏切らない】と思ってもらうことが必要です。

こんな風に思ってもらうためによくやってしまいがちな事が

相手を褒める!!という行為だと思います。

しかし、これはより良い人間関係を結ぶ上ではあまり効果が無いようです。

それよりも重要で本質的なことは

【あなたのことを信頼しているからここまで話せます!】

といったスタンスの自己開示が効果的です。

この自己開示方法は、心理学では<セルフディスクロージャー>と言われています。

自分の悩みや秘密を隠さずに打ち明ける行為は、

あなたを信頼しているからこそ!ここまでお話が出来ている。

という証でもあります。

本当に信頼されているなー。と感じたら相手のことを信頼しますよね。

これが「互恵」に繋がります。互恵は良好な人間関係を築きあげます。

人に愛されるためのトークテーマ10選

ここまで相手との信頼関係を良好にするためには、<自己開示><セルフディスクロージャー>が重要であると説明して来ました。

しかし、この自己開示にも程度があります。

あまりにも深刻すぎる自己開示は、引かれます。

逆に浅すぎる自己開示は、退屈で意味がありません。

自己開示をするための話題選びは意外と難しいものです。

しかし、社会心理学者のゲイリー・ウッド氏の研究により

良好な人間関係を築くためにちょうど良い塩梅のトークテーマ

というものを10パターンにまとめられました。

  1. お金と健康に関する心配事
  2. 自分がイライラしてしまう事
  3. 人生で幸福になれること、楽しいこと
  4. 自分が改善したいこと
  5. 自分の夢や目標
  6. 自分の性生活に関すること
  7. 自分の弱点やマイナス面
  8. 自分が起こってしまう出来事について
  9. 自分の趣味や興味
  10. 恥ずかしかった体験、罪悪感を覚えた体験

このトークテーマの中からエピソードトークを準備しておいて仲良くなりたい相手に相談という形で話をしてみるのがより効果的です。

まとめ

自己開示をして自分から相手に心を開くときっと相手も自分の心を開いてくれます。

そんな風にして人間関係が良好になると最高ですね。

検討を祈ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。